大阪梅田歯科《全国年間15万人以上が来院!》

大阪のリサイクルショップを検索

大阪キタ・エリア周辺の影響調査!

大阪キタの料理人

《大阪キタの料理人》大阪駅前第2ビル「カレーライスCome On」★マスター 山口渉さん【vol.2】

更新日:

大阪キタエリアの料理人の方をご紹介する「創り手の心~大阪キタの料理人~」

 

大阪キタエリアのナイスなお店や秀逸なお料理!
・・ではなく、その「創り手」をご紹介する企画「創り手の心~大阪キタの料理人~」

ライターを務めるのは、グルメブログ「マッハのオススメごはんですよ!」を運営しているブロガーのマッハと申します。

 

大阪駅前第2ビル「カレーライスCome On」マスター 山口 渉さん

お昼時はコスパ抜群のランチ激戦区、アフター5はサラリーマンの憩いの場、大阪駅前ビル。駅前ビル4棟のうちの第2ビル地下1階の「カレーライスCome On」さん。

2019年に一旦お店を閉められたのですが、別のマスターがお店を引き継ぎ、同年6月にリスタート。
こだわりのスパイスカレーを提供している同店舗では、ランチタイムはスパイスフリークスやサラリーマンの方が多く来店され、さらにディナータイムには一品料理も提供されておりチョイ飲みのお客さんも多いお店です。

今回はカレーライスCome Onのマスター「山口 渉」さんをご紹介します。

 

当時は包丁が使えなくて話にならなくて、色んなお店で修行させてもらいました。

-飲食業をされる前は何をされていたんですか?

飲食の前はアパレルやってました。
アパレル2年半やってたんですけど、その当時から飲食には興味あったんですよ、元々接客業が好きでしたし、飲みに行くのも好きでしたし。(笑)
で、どうせなら面白いことやろう!ってことでこの世界に飛び込むことにしたんです。

それから1年間はフリーターで色んなお店を転々としてたんですけど、当時は包丁が使えなくて、話にならなかったんですよね(笑)

-全く違う業界からの転身ですもんね。

そうなんです。
このままじゃダメだと思って中津の居酒屋で修行を始めました。
そこでは包丁の使い方はもちろんですが、仕込みの段取りやお店をうまく切り盛りするスキルとか、本当に色んなことを学ばせてもらいました。

その居酒屋の店長から、「その日の食材でメニューを考えろ」みたいな課題が毎日きて、必死に考えたり、大変やったけど楽しかったです。

その居酒屋の次に系列のバーでバーテンダーやらせてもらいまして。
全く違う未体験のジャンルで、しかも店長です。(笑)
独学で学んでいくのは楽しかったですけどね!

 

カレー作ってるとアドレナリンがいっぱい出てくるんですよね。


-色んなジャンルのお店で働かれていて、カレーに行き着いた理由ってなんですか?

きっかけになったのは、バーテンダー時代にカレー好きの常連さん影響もあって、バーでスパイスカレーを出す企画をしたことですね。

それからはまた独学で学んでました。
どこまで辛くなるのか、どんなバランスになるのか、本当に未知数で面白くて、カレーを作ってるとアドレナリンが出るんですよね。

バーの次は居酒屋をやっていたんですが、旬の海鮮とかおばんざいとか、和テイストなメニューの中にもちゃっかりカレーを入れてました(笑)

-カレー愛ですね(笑)

そうなんです、我慢出来なかったんですよね(笑)

その居酒屋を辞めてからは本格的に修行しようと、インドカレーのお店で働かせてもらいました。ネパール人仕込みのインドカレーのお店だったので凄く勉強になりました。

その後にタイミングよくカレーライスCome Onの店長さんがお店を閉められるということで、引き継がせてもらうことになったんです。

 

辛いけど旨いの、「旨い」の部分。これが「ワタル味」


-スパイスカレーって大阪では流行ですが、こだわりってどういうところですか?

ネパール人仕込みの本格インドカレーをベースに、和風にアレンジしたカレーを作ってます。

科学調味料を出来るだけ使わない、おダシからとる。(ガラムマサラみたいな)複合スパイスは使わず、自分でバランスを調整して作っていく。
あと、スパイスカレー好きな方ならわかるんですが、スパイスの香りを油に移す「スターター」から丁寧にカレーづくりをしてます。

特にキーマカレーってカレー屋の個性が出るので、毎日毎日作っては食べて、パウダースパイスとホールスパイスのバランスとか本当に試行錯誤してますね。

ホールスパイスって噛んだ瞬間に味が爆発的に変わるので、「このカレーのこの瞬間が好き!でも次のこの瞬間は苦手・・」みたいなところが奥が深くて、キーマカレーって面白いんです!

-スパイスへのこだわり半端ないですね!
でも、あんまりスパイス感出しちゃうと、ちょっとハードルが上がってしまうというか、嫌煙されたりもしますよ。
今でこそ流行ですけど、スパイスカレー特有の赤とか緑の色って、日本人的なオーソドックスなカレーとはかけ離れてますし、苦手な人も少なくないですし。

大阪駅前第2ビルってサラリーマンの方が本当に多くて、その中には本格スパイスカレーではなく普通のカレーが食べたい!っていう方も多いんですよね。

なので、そんな方にも受け入れていただけるようなカレーを目指してます。
和風のアレンジをして、辛いけど旨いの、旨いの部分を追求してます。

歴代の僕が働いてきたお店のお客さんからは、何を作っても「ワタル味」って言われます。優しい味みたいな。
-おふくろの味みたいなニュアンスですかね?

そうですね(笑)
本格的なスパイスカレーを作っても優しい味、おふくろの味、ワタル味みたいな(笑)

 

居心地の良さというか、家感というか、これはバーテン時代の経験が大きいですね。


-カレー屋なのにカレー屋っぽくない雰囲気ですよね

よく言われます。
自分のウリって料理よりも「空気感」なのかなって思うんです。
居心地の良さというか、家感というかセカンドハウス感というか。その人が自然な状態でいられるような空間を作っていきたいんです。

お客さんの入店時の歩幅とか、メニューを決めるまでの時間とか、表情とか、目線とか全部見るようにしてるんですよ。というか無意識に感じてます。

仕事のスイッチが切れていない人ってすぐにわかるんですよ。
これはバーテン時代の経験が大きいですかね。

なので、夜のメニューはカレー以外の一品メニューも用意して、仕事帰りに寄りたくなるようにしてます。

 

「着実な一杯」の積み重ねというか。


-最後に今後の展望についてお聞かせください。

チェーン展開とかレトルトカレーの商品化とか生々しい考えもないことはないんですけどね(笑)
それよりも、地道にウチのカレーを少しでも多くの食べていただきたいです、「着実な一杯」の積み重ねというか。
お客さんの食べた瞬間の「ウマ!これ!」みたいな反応をたくさん見たいんです。
ゆくゆくは、「駅ビルのカレー屋といえばComeOnやろ」って言われたいですね。

-飲食というお仕事を本当に楽しまれてますよね
それもよく言われます(笑)

「毎日楽しく過ごすこと」っていうのが、自分にとっては当たり前なんですよね。
一日24時間の中で、睡眠と娯楽と仕事が8時間ずつあって、飲食業は仕事の時間に毎日違うことがあるから勝手に楽しくなるんです。
というか、これ以上に面白い仕事ってないなと思ってます。
楽しくて毎日ニヤけちゃいます。(笑)

これからも楽しみながら、カレーもお店の空気感も、お客さんに満足していただけるようなお店にしていきますので、カレーライスCome Onをよろしくお願いします。

 

【プロフィール】
山口 渉
1984年8月3日生まれ。
アパレル業界から飲食業界へ転身、その後バーテンダー、居酒屋などを経て2019年10月にカレーライスCome Onをオープン。
趣味は紅茶とアニメ。
【お店データ】
店名:カレーライスカモン
所在地:大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル B1F
アクセス:大阪駅直結、大阪駅前第2ビル地下1階!
電話番号:05037044191
定休日:日曜日・祝日
営業時間:[毎日] 11:30~15:00 [月〜土]18:00~22:00
食べログページ:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27105586/
参考ブログ記事:http://mach-no-osusume.com/2019/11/15/1-616/

ライター情報【グルメ番長のマッハ】

運営サイトインスタ

-大阪キタの料理人

Translate »

Copyright© 大阪キタじゃーなる , 2020 All Rights Reserved.