スイーツ 開店情報

「リンツ ショコラ ブティック」が天満橋京阪シティモールにオープンした【3/21】

投稿日:

「リンツ ショコラ ブティック」が天満橋京阪シティモールにオープンした!

1845年創業、世界120カ国以上で愛されているスイスの歴史あるプレミアムチョコレートブランド「Lindt リンツ」の日本法人リンツ&シュプルングリージャパンは、2019年3月21日に「リンツ ショコラ ブティック 天満橋京阪シティモール店」をオープンしました。

店内のようす

リンツチョコレートの主力商品

リンツの一番人気チョコレートと言えば、「LINDOR リンドール」です。
1949年にリンツのメートル・ショコラティエたちによって誕生した「リンドール」は、誕生して70年の時を経た今でも、世界120カ国以上で愛され続けています。
上質なチョコレートを使った丸いシェルの中には、リンツ秘伝のなめらかなフィリングが詰められていて、ひとたびそのシェルを破ると、この上なくなめらかなとろけるフィリングでお口の中が満たされ、至福のひとときが味わえます。

リンツ メートルショコラティエとリンドール

「リンドール」の象徴でもある赤い包みの「リンドール ミルク」をはじめ、リンドールとヨーロピアンスペシャリティーズを合わせて約40種のフレーバーのチョコレートがずらりと並ぶのが、売り場の中心となる「PICK&MIX ピック&ミックス」です。
「ピック&ミックス」は、お好きなフレーバーのチョコレートを、お好きな量だけ量り売りでお求めいただける、リンツならではの販売システム。
毎日のおやつやご自分へのご褒美にも、カジュアルなプレゼントや、ご自身でチョコレートのプレゼントをカスタマイズされたいときにも、様々な用途に合わせて、自由な気持ちでチョコレート選びを楽しめます。

リンツ リンドールのピック&ミックス

シェルフには、リンツが誇るバラエティー豊かなタブレットチョコレートが勢揃いします。
カカオ分を%表示したハイカカオのシリーズで高い評価を誇る「EXCELLENCE エクセレンス」、デザートのような、チョコレートグルメのためのクリエイティビティーあふれる「CREATION クリエーション」シリーズ、コスモポリタンなフレーバーとポップで遊び心あふれるパッケージの「HELLO」など、約30種ものタブレットチョコレートの中から、必ずやお気に入りのフレーバーが見つかります。

リンツ エクセレンス

また、リンツのメートル・ショコラティエが、プラリネチョコレートのおいしさと美しさをそっくりそのまま細部にまでこだわって精巧にミニチュアサイズに再現した一口サイズの「MINI PRALINES ミニプラリネ」は、リンツのプラリネチョコレートならではのプレミアムな味わいを守りつつ、より堅苦しくない、スマートでスタイリッシュなギフトに最適です。

リンツ ミニプラリネ

スイスのチョコレートブランドならではの「LINDT GOLD BUNNY リンツ ゴールドバニー」を中心としたイースターのチョコレートが、明るく春らしく、華やかに、チョコレート売り場を彩ります。

リンツ イースターチョコレート

その他、様々なご贈答の用途にぴったりの、リンツのチョコレートをふんだんに使ったリンツの焼き菓子「フィナンシエ」と人気チョコレートの「リンドール」を組み合わせたギフトボックスも多数取り揃えています。

フィナンシエとリンドール

Lindt(リンツ)は、スイスで1845年に創業、現在では世界120カ国以上で愛されているプレミアムチョコレートブランドです。
ブランド名となっているリンツは、今ではあたりまえとなっているチョコレートのなめらかな口どけを初めて可能にした「コンチング・マシン」を発明、スイスをチョコレート立国たらしめた、ロドルフ・リンツ氏の名に由来します。

170年以上の時を経て、そのチョコレート作りへの情熱は、リンツのメートル・ショコラティエ(チョコレート職人)たちによって受け継がれ、カカオ豆の仕入れから最終製品までの工程をすべて自社で一貫して生産することにより、常に高品質で、香り高く、口どけの良いチョコレートで、今も世界中のチョコレートファンを楽しませ続けています。

<店舗概要>
店舗名:リンツ ショコラ ブティック 天満橋京阪シティモール店
所在地:大阪市中央区天満橋京町1丁目1 京阪シティモール MB階
営業時間:10時~21時(京阪シティモールに準ずる)

公式サイト

地図を表示・非表示

大阪市中央区天満橋京町1丁目1 京阪シティモール

大阪でプログラミングが学べる、対面式マンツーマンレッスン

-スイーツ, 開店情報

Translate »

Copyright© 大阪キタじゃーなる , 2019 All Rights Reserved.