大阪梅田歯科《全国年間15万人以上が来院!》

大阪キタ・エリア周辺の影響調査!

詳細は、こちらをクリックして下さい!!

大阪キタの料理人

《大阪キタの料理人》北新地「本格焼肉 炎武」★大将 中川武さん【vol.9】

投稿日:

大阪キタエリアの料理人の方をご紹介する「創り手の心~大阪キタの料理人~」

 

大阪キタエリアのナイスなお店や秀逸なお料理!
・・ではなく、その「創り手」をご紹介する企画「創り手の心~大阪キタの料理人~」

ライターを務めるのは、グルメブログ「マッハのオススメごはんですよ!」を運営しているブロガーのマッハと申します。

グルメブロガーとして、より深く、お店の魅力をお伝え出来るような記事作りを目指しておりますので、どうぞよろしくお願いします。

 

北新地「本格焼肉 炎武」★大将 中川武さん

大阪屈指の夜の街である北新地にはハイレベルなお店が軒を連ねるグルメなエリア。
路面店だけではなくビルの中に入れば穴場なお店が無数に存在します。

「本格焼肉 炎武」さんもビルの3階の穴場な立地。
北新地とは思えないほどのコスパでハイレベルな焼肉が食べられるお店です。

今回はそんな炎武さんの大将、中川武さんをご紹介します。

 

肉のことは分かるけど飲食のことは素人だったのでプライドとか、かなぐり捨てて勉強しました。

-お店をオープンするまでの経緯を教えてください。

もともと大学を出て精肉屋に就職して、そこで15年くらい働きました。
お肉ばっかりの15年間、37歳までお肉一本で勝負していました!

肉屋をやる中で、肉屋として独立するか、焼肉屋として独立するか、両方やりたいなと、目標にしていました。

肉屋としての独立の目標は、15年目にフランチャイズで独立して達成しました。
でも当時のフランチャイズ制度が思っていたのと違ったので、37歳で精肉屋の仕事を辞めて焼肉屋になることにしました。

-37歳で!冒険ですね!!

ちなみに当時嫁も子供もいました(笑)

肉のことは知っているけど飲食の世界は初めてで、勉強をしないといけないなと。
で、丁度良いタイミングで、知り合いの紹介で北新地の焼肉屋さんが2号店を出すということで働かせてもらうことになりました。

まずは勉強のつもりだったのに、まさかの店長をすることになりました(笑)

-えー!大変!

そうなんです!

最初はドリンクの作り方すらも知らないので、18,19くらいのバイトの子に頭下げて教えてもらいました(笑)

飲食のことはバイトの子たちの方が詳しいですし、プライドとかそんなん、かなぐり捨ててひたすら勉強しました!

精肉屋の時の経験から、お肉が美味しいどうかの判断は出来ると思っていたんですけど、肉屋はお客さんが肉を持って帰って食べるから反応が見えないんです。

でも、焼肉屋はその場で反応がわかるので、「これでいいんかな」を確信に変えた期間でもあるんです。
お客さんがどうやったら喜んでくれるのか、これを探りながら勉強もできたと思います。まあこれはいつまでもやっていかないといけないことですしね。

それからお店のメニューを決めたり、人の手配もしたり、気がついたら「自分でもう出来るやん!」ってなってまして、そのまま店長を1年半やらせてもらって、お店も落ち着いたので5年前に独立してこのお店を始めました。

それに、当時のお店が広いお店だったので、色んなお客さんに来ていただく為のコースを作ったり、リーズナブルなプランを作ったりと色んな取り組みをして、それが今のお店の戦略の基礎となっています。

 

精肉店での経験から、どんな部位でも扱えることが圧倒的な強みです。

-お肉へのこだわりを教えてください

産地や銘柄にはあんまり拘ってないんです。
神戸牛や米沢牛といったブランド牛は確かに美味しい、でも高いのに味にばらつきがあったりもします。

逆に、ノーブランドでも頑張っている牧場さんはあります。
なので、ウチのお店で扱っている牛は「九州の黒毛和牛」という括りにしています。
これまで培った仕入れルートを駆使して、ブランド牛に負けないくらい美味しい牛を引っ張っているつもりです。

リーズナブルで美味しいお肉を出したいという想い

精肉店の時のノウハウがあるのが圧倒的な強みだと思っています。
仕入れルートを確立させているということもモチロンですが、「どんな部位でも扱える」ということに繋がります。

肉の業界って知らない部位だと相場がわからないし良い肉かどうかの判断も出来ない、極端な話、お肉屋さんに状態の悪いお肉を高く買わされちゃうということだってあり得ます。

どんな部位でも適正な値段でいいお肉を仕入れることって焼肉屋にとっては重要なポイントなんです。
それに、それぞれの部位によって美味しい食べ方の提案も出来ますしね!

 

「北新地の肉の価格破壊」本格焼肉炎武をよろしくお願いします!

-北新地で開業された理由を教えてください。

北新地で修行したので、カウンターに立っていたのでお客さんもついてくれて、そのお客さんの想いに応えるためにも、北新地以外の選択肢がなかったんです。

-数ある北新地のお店の中での差別化戦略を教えてください!

一言で言うと「北新地の肉の価格破壊」です(笑)
福島とか野田とかの価格帯、でもクオリティーは北新地で通用するレベル。

これからも続けていきますよ!

 

あと、圧倒的に他の焼肉屋さんと違うのが「出前をやってる」ってことですかね。
北新地内限定ですが、焼肉串の出前をやってるんです。

北新地ってキャバクラとかラウンジが多いので、お客さんがつまめるようにと串にしています。

お箸で食べる焼肉弁当とかだと、接客中に服を汚してしまうリスクもあるし、いちいち会話も止まってしまいますよね。
串だと手軽に食べれるし服が汚れない。
地域のお客さんに合わせた戦略が皆さんに喜んでもらっています。

 


-最後に今後の展望を教えてください。

せっかくお店をやっているので、多店舗展開をしたいなとは思っていますけど、しっかり任せられる人材を育成して・・

まあ、でもそういうのは縁ですしね。
いいご縁があれば是非やっていきたいと思っています。

北新地でリーズナブルに良いお肉を食べるなら!是非「本格焼肉炎武」へお越しください!

 

【プロフィール】
中川 武
1975年8月4日生まれ
趣味はバンドと格闘技
店名:本格焼肉炎武
所在地:大阪市北区曽根崎新地1-1-24 北新地ビル 3F
アクセス:北新地駅 徒歩3分
電話番号:06-6342-1729
営業時間:月~金18:00~翌5:00、土18:00~24:00
定休日:日祝
ブログ記事:http://mach-no-osusume.com/2019/03/22/1-473/
食べログページ:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27089862/

 

ライター情報【グルメ番長のマッハ】

運営サイトインスタ

【リンクスウメダ 特集記事!】

-大阪キタの料理人

Translate »

Copyright© 大阪キタじゃーなる , 2020 All Rights Reserved.