大阪梅田歯科《全国年間15万人以上が来院!》

大阪梅田・プロの歯科医師がクリーニング

お役立ち グルメ

《TEAM EXPO 2025 プログラム》関西学院大学×Haierグループ!公開プレゼンテーションの様子をレポート@関西学院大学

投稿日:

こんにちは!大阪じゃーなるのライター”みな”です(*^▽^*)

 

2025年の「大阪・関西万博」の開催が迫る中、今後ますます発展していくであろう”大阪”

大阪らしいユニークな発想や、楽しい仕掛けで関西を盛り上げようと奮闘するユニークな企業にスポットを当てた『ユニーク企業特集』として、

今回は、《TEAM EXPO 2025 》プログラムに参加中の関西学院大学の学生が、「大型家電ブランドHaierグループに企画提案する公開プレゼンテーション」の様子をレポートします(*^▽^*)

大阪じゃーなるライターとして活躍中の小谷川莉乃さんも、関西学院大学の学生としてプレゼンに参加していますよ~♪

 

「TEAM EXPO 2025」プログラムとは

「TEAM EXPO 2025」は、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会が実施しているプログラム。

多様な人たちがチームを組み、多彩な活動で大阪・関西万博とその先の未来に挑む、みんながつくる参加型プログラムです。

 

『TEAM EXPO 2025』プログラムは、大阪・関西万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」を実現し、SDGsの達成に貢献するために、多様な参加者が主体となり、理想としたい未来社会を共に創り上げていくことを目指す取り組みのことです。

企業、教育・学術・研究機関(大学・研究所等)、国・政府関係機関(独立行政法人等)、国際機関、自治体、NGO、NPO法人、各種団体、個人など、 様々な方々との共創を進めていきます。

 

『共創パートナー』は、当プログラムに賛同し、自らが主体的かつ継続的に当プログラムに合った独自の活動を展開することで、多様な共創チャレンジの創出・支援を担う法人・団体のこと。

各共創パートナーは、それぞれが持つ強み(人的ネットワーク、人的資源・ノウハウ、資金、フィールド、情報発信力など)を活かした独自の活動のテーマを掲げて活動します。

 

『共創チャレンジ』は、大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」を実現するため、自らが主体となって未来に向けて行動を起こしている、または行動を起こそうとしているチームの活動のこと。

分野は問わず、チームが「ワクワク」しながら進めているものについて登録し、達成したいことを世の中に「宣言」します。

「TEAM EXPO 2025」プログラムの詳細はこちら

 

関西学院大学×Haierグループの取り組みについて

Haierグループは、日本国内で HaierとAQUA(アクア)のWブランドを展開し、ユーロモニター・インターナショナル「Global Major Appliances 2021 Brand ランキング」の調査では、大型家電ブランド13年連続世界 No.1を達成するなど、グローバルに活躍する企業です。

Haier公式ホームページ

 

関西学院大学は、1889年に米国人宣教師ウォルター・ラッセル・ランバス氏により設立された由緒ある学校。

現在、兵庫県西宮市と三田市、大阪・梅田、東京・丸の内にキャンパスを有します。

関西学院大学の難波ゼミは広告・広報論を主な専攻とし、これまでも企業の広告・プロモーション施策の立案などを行ってきました。

関西学院大学公式ホームページ

 

大阪・関西万博を盛り上げる「TEAM EXPO 2025」の一環として、この2つがタッグを組み、産官学連携企画を実施!

2022年9月28日(水)にはアクア株式会社 新大阪本社でキックオフミーティングが開催されました。

Haier グループ担当者の企業紹介で「製品開発にはお客様が家電に何を求めるかを捉えることが重要なポイント」と教わり、学生たちは「社会課題の解決を、家電を通して実現」をテーマに、公開プレゼンテーションにむけて準備を進めてきました。

公開プレゼンテーションでは、杜 CEOや博覧会協会に対して、Z世代のみずみずしい感性や価値観を生かした提案を行います。

優秀な提案には「Haier 賞」「TEAM EXPO 賞」が授与される予定です!

 

公開プレゼンテーションの様子

公開プレゼンテーションは、2022年12月21日に関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス図書館ホールで開催されました(^^♪

 

美術館のような素敵な空間♪さすが関西学院大学

みなの通った田舎の大学とは格がちがーう((+_+))

 

アミューズメントパークに迷い込んだかと思いました(*'ω'*)

こんなところでキャンパスライフを送れたら青春まっしぐらですね(^^♪

いろいろ興奮してしまいましたが・・・
ここからは、かっちりと、公開プレゼンテーションの様子をレポートしていきましょう!

 

開会のご挨拶

ハイアールグループ日本地域の杜鏡国CEOを始め、錚々たる方々が、学生たちに向けて激励の言葉や本企画の趣旨などを述べました。

 

企画運営事務局の株式会社博報堂の原様は、同志社女子大学でコピーライティングの講師もされており、コピーライター視点で今回の企画に至る背景や企画意図を解説

「今回、企画の作り方を『気になる社会課題』から『世の中に拡散する仕掛け』まで6つのステップで学生の皆さんにご提示し、企画を考えていただきました。それでは学生の皆さん、頑張ってください」

 

一目瞭然なパワーポイント。

説明も簡潔でいて的確!

これが現役コピーライターのプレゼン力!!

学生たちのお手本になりそうですね(*^▽^*)

 

杜鏡国CEOは、トップ経営者ならではの強いメッセージを学生たちに贈りました。

「皆さんの発表に賞を授与して終わりではなく、このプレゼンをスタートとして、もっと深く、幅広く社会課題やビジネスへの課題について皆さんと共有していきたいと考えています。面白い発想があれば取り入れて、ぜひ一緒に作り上げていきましょう」

世の中には成功と言われる企業は存在せず、成功するには『時代に合わせる企業』であり続けること。

誰でもCEOになれる気持ちを持つこと。

など、ハイアール企業が成長し続ける秘訣や、世界で競争するために重要な心構えも教えていただきました!

 

日本国際博覧会の鈴木担当課長は、『TEAM EXPO 2025』プログラムの活動報告やEXPO共創事業が目指す社会について

各分野の著名人やFM802のDJが参加して盛り上がった12月15日に開催の『TEAM EXPO 2025 Meeting』の他にも、今後、『TEAM EXPO 2025』進捗発表会が2023年に予定されているそう。

「現在大阪万博に向けて進めているチャレンジがあり、大きな舞台で皆さんが発表できる機会を設けたいと考えておりますので、ぜひ今日の発表を頑張っていただきたいなと思います」

プレゼン後も様々なイベントが待っていると思うと、気合が入りますね!(^^)!

 

プレゼンテーション

テーマは、「社会課題の解決を、家電を通して実現」です。

21組の提案の中から、事務局の選考を見事通過した6組がプレゼンテーションを行いましたよ!

 

ベトナムの技能実習生の心身健康を尊重するため、省ムダ、省手間、省スペースが特徴のハイアール社の洗濯機を活用する『せんたくの輪 ~洗濯で広がる選択肢~』や、ハイアール社の冷凍庫を介護施設に置くことで介護従事者の負担軽減を図る『ハイアールのお助け冷蔵庫』、選考を通過した奨学生に家電の提供を行う『Haier奨学家電』など、学生ならではの斬新な企画提案が飛び交いました!

 

ちょっと小話♪

プレゼン資料の準備に手間取っているチームを待つ間、博報堂の原さんと杜CEOが、来年度の新生活に向けた『デコ冷ションキャンペーン』のデコ冷ションシートをPR!!

 

僅かな時間もムダにしないアピール力がスゴスギル!(^^)!

しかも、これ、めっちゃ可愛いんです!

『推しの画像で作ってもらいたい♪』と、学生からアイデアも飛び出しました(*^-^*)

Haierデコ冷ションキャンペーン詳細はこちら

 

大阪じゃーなるライターの小谷川莉乃さんのチームのプレゼンタイトルは『Haier ~もったいないを栄養に。~』

Haier社の自動調理器を道の駅に設置するという提案です。

売れ残った野菜や規格外などで販売できない野菜を、その場で調理・販売し、フードロスの解決と地域活性化を図ります。

パワーポイントに中国語を添えたり、Haierの『i』を人参にしたコミュニケーションマークが審査員に好評でした(*^-^*)

 

プレゼン後、お話を伺いました!

 

ープレゼンでの苦労した点を教えてください。

「私たちは2回生で、ゼミも始まったばかりだったため、今回が初めてのビジネスコンテストでした。企画の発案はスムーズに行えましたが、文章にまとめたりスライドを作る作業は難しかったです」

 

ープレゼンを終えてみて、自己採点はどのくらいでしょう

「70点です。『アイデアを人にわかりやすく伝える』という点でもう少し工夫できたのではないかと感じました」

 

ー難波教授は穏やかで優しい印象を受けましたが、普段の難波ゼミの雰囲気はどのような感じでしょうか?

「とても自由です。難波ゼミで、ゼミ生全員がパワーポイントを使って1人20分程度の自己紹介を行ったことがあるのですが、みんな特徴的な個性や長所、趣味を持っていて刺激になりました。これからもお互いに高めあえる存在でありたいですね」

 

小早川さん、ありがとうございました&お疲れさまでした(*^-^*)

 

表彰式

『Haier賞』に輝いたのは、難波ゼミ2回生の前田さんが提案した、『Haierランドリーカフェ』

業界トップシェアを誇るHaierの業務用洗濯機でコインランドリーカフェを造り、大学の敷地内に設置するというもの。

学生のコインランドリー使用を無料にすることで、学生の生活費の負担を軽減するとともに、社会人や主婦層など生活者のサードプレイスの場を提供し、生活者とHaierブランドとの継続的な関係性を構築するという提案です。

杜CEO:「Haierは教育や学生に対して関心の高い会社です。前田さんのアイデアは、Haierの商品と大学や学生の皆さんの生活との繋がりが深く、良いなと感じました」

前田さんには、アクアのスティッククリーナーが贈呈されました(*^-^*)

 

『TEAM EXPO賞』に輝いたのは、難波ゼミ3回生(岩谷・切通・田中・棚多)チーム『OSAKA HAIER HOUSE』

空き家の改装事業者に向けて、多様なサイズと種類を有し、海外でもなじみの深いHaier社の家電を『改装支援セット』としてパッケージ商品化。

大阪・関西万博に訪れる海外客などが利用しやすい空き家民泊を展開し、拡充していく提案です。

日本国際博覧会の鈴木担当課長:「一番大阪・関西万博との連動性があるということで選ばせていただきました。共創という観点で非常に面白いなと感じました。せっかくなので、海外だけでなく日本人に向けての視野も入れると更に充実できるかなと思います」

選ばれたチームの皆さんには、大阪・関西万博グッズが贈呈されました。

 

受賞した皆さん、おめでとうございます(*^▽^*)

 

難波教授インタビュー

学生たちの公開プレゼンテーションの様子を終始暖かく見守り続けた難波功士教授に、お話を伺いました。

 

ープレゼンを終えて、今のお気持ちはいかがですか?

「無事終わってくれてホッとしました。パソコンが苦手なチームもありましたが(笑)、みんな個性が出ていて良かったと思います」

 

ー賞に選ばれた2チームについての講評をお願いします。

「Haier賞の前田君は2回生ですが、動画制作や映像系が好きで色々なソフトを使う子なので、プレゼン映えは一番するだろうと思っていました。広告や制作にも興味を持ち、とても頑張っていたので、何かに引っかかればいいなと考えていたので良かったです。EXPO賞のチームは3回生で、他社とのプレゼン経験があり、わりと安心して見ていました」

 

ー学生たちが産官学連携企画に参加するメリットはどういったところでしょうか

「勉強のための勉強よりは、何かのための勉強の方が身につくと考えています。学生たちの成長にもつながりますし、今後もこういった課題を皆さんと協力してやっていけたらいいなと考えています」

 

難波教授ありがとうございました!

 

まとめ

2025年の「大阪・関西万博」開催に向け、数多くの企業、大学・研究機関、行政機関が独自のプロジェクトを立ち上げ、進行しています。

産官学連携企画は、未来を担うZ世代の学生たちの柔軟なアイデアを、企業が取り入れ実用化することによって、地域の活性化へと繋がり、よりよい日本社会を築き上げるポジティブで明るい未来性を感じました!

「TEAM EXPO 2025」プログラムの共創チャレンジの登録は現在も受付中です!

ぜひ、「TEAM EXPO 2025」プログラム公式ページをチェックしてみてくださいね。

 

皆さん、お疲れ様でした!

-お役立ち, グルメ

Translate »

Copyright© 大阪キタじゃーなる , 2023 All Rights Reserved.