大阪梅田歯科《全国年間15万人以上が来院!》

キタの本

新書「関西人はなぜ阪急を別格だと思うのか」交通新聞社★2020年8月17日発売

投稿日:

新書「関西人はなぜ阪急を別格だと思うのか」

定価990円(税込)絶賛発売中!!

 

高いブランド力を誇る「阪急ブランド」をテーマとして阪急の本質に迫るというもので、鉄道ファンのみならず、多くのビジネスパーソンにもおすすめしたい一冊です。

また、紀伊國屋書店の新書ランキング(8/20)では第1位、「グランスタ大阪店」では全ジャンル中で第2位と好評を博しています。

発売日:2020年8月17日(月)
判型:新書判
ISBN:978-4-330-06220-4
著者:伊原薫

 

やっぱり阪急は、他とは違う―そう思わずにはいられない。

「阪急」といえば、個性派ぞろいの関西私鉄各社のなかでも「高級」「美しい」といったイメージが強い。

さらに顧客満足度日本一の企業にも選ばれ続け、信頼のブランドを築いている。

ブランディングという概念のない時代から、いかにしてそのブランドをつくりあげ、守ってきたのか?

本書では関西をはじめ全国の鉄道に明るい著者が、他社との比較など多角的に阪急の個性に注目。

わかりやすいエピソードを交えながらビジネス書とはちょっと違うテイストで、「阪急ブランド」が強固である理由を浮かび上がらせる。

 

 

本の内容

関西で圧倒的なブランドを確立している阪急は、いかにしてそのブランドをつくりあげ、守ってきたのか。

創業時からの歩み、車両、駅やサービス等に表れる阪急の個性やこだわりに注目。

阪急ブランドが強固である理由を紐解く。【「TRC MARC」の商品解説】

 

「阪急」といえば、個性派ぞろいの関西私鉄各社のなかでも「美しい」「高級」「おしゃれ」といったイメージが強い。

そしてそれがブランドとして確立されている。

ではこのブランドはいかにしてつくられ、守られているのか?

本書では、「関西における阪急の立ち位置」「沿線住民から見た阪急」「関東から見た阪急」など、さまざまな切り口から阪急の個性に注目。

わかりやすいエピソードや事例を加えながら、ビジネス書とはちょっと違うテイストで、唯一無二の「阪急ブランド」が強固である理由を解説する。

 

目次

第1章 関西における阪急の威力
―信頼を築く―

第2章 「電車」の概念を変えた阪急
―伝統を守り、進化する―

第3章 駅とサービスに見る、こだわり気質
―創意工夫を凝らす―

第4章 順風満帆か波乱か? 阪急の歩み
―挑み、前進する―

 

 著者紹介

1977年大阪府生まれ。鉄道ライター・カメラマン。

京都大学大学院都市交通政策技術者。

『鉄道ダイヤ情報』『旅の手帖』『鉄道ジャーナル』などの鉄道・旅行雑誌や、「Yahoo!ニュース個人」「乗りものニュース」などのWebニュースで執筆するほか、テレビ番組への出演や監修、地域公共交通に関する講演・アドバイスなど、幅広く活動する。

著書に『「技あり!」の京阪電車』(交通新聞社)、『大阪メトロ誕生』(かや書房)、『国鉄・私鉄・JR 廃止駅の不思議と謎』(実業之日本社・共著)など。

 

 

感想

「阪急電車」はもちろん「阪急百貨店」「阪急ホテル」など関西では誰でも知ってる「阪急ブランド」が確立されるまでの試行、錯誤のストーリーが本誌には書かれています。

普段、毎日当たり前の様に利用している「自動改札機」。

世界が注目した、「自動改札機」という革命も日本で初めて阪急の「北千里駅」で導入されたものです。

 

何気なく利用している「阪急電車」や「大阪梅田駅」、買い物で訪れる「阪急百貨店」も本誌を読んでから訪れると、また違った見え方で見る事が出来ると思います。

 

これを読めばもっと「阪急ブランド」が好きになるはずです(^^)

 

「大阪じゃーなる」では、大阪に関連する書籍・旅本・グルメ本・エッセー・絵本など、色々なジャンルの本をご紹介いたします。

お問い合わせは、コチラまで。

-キタの本

Translate »

Copyright© 大阪キタじゃーなる , 2020 All Rights Reserved.