【リンクスウメダ 特集!】

グルメ ホテル 開店・閉店情報

フロント&和食レストラン「ホテルグランヴィア大阪」がリニューアルオープン!【11/1】

更新日:

全館リニューアル 第一期完成 フロント&和食レストラン

大阪が誇る上質シティホテル

ホテルグランヴィア大阪では、増加するインバウンドや 東京五輪・大阪万博等を控える今後の成長戦略として2022年4月までの期間、約43億円を投資し1階フロントをはじめ、ロビーレストランや客室と館内の開業以来初の全面リニューアルを実施しました。

11月1日に、第一期としてフロント及び二つの和食レストランがオープンしました。

 

今回メディアとしてフロント・和食レストランに関する記者説明会・内覧会に出席し、いち早くホットな情報を皆様にお伝えします♪

 

ホテルグランヴィア大阪代表取締役社長 宮崎好弘様よりフロント及び和食レストランリニューアルの狙い等について、そして常務取締役 山岡孝典様よりフロント及び和食レストランの概要についてのスピーチを拝聴しました。

 

新たなフロントのテーマは「こだわりのある上質感」

高層階ならではの伸びやかな眺望も魅力的

インバウンドやレジャーゲストの増加に対応し、一階のフロントを19階西側に移設。

新たなフロントは従来スペースの約二倍です。

高層階ならではの開放感とグレード感を兼ね備えた上質空間へとなりました。

 

観光やレストラン案内などお客様の問い合わせのニーズに応えるインフォメーションカウンターを新設、そしてセキュリティ対策も強化。

 

クロークスペース

そして荷物を預かるクロークスペースも以前の約2倍に拡張されました。

 

「こだわりのある上質」をテーマに空間の演出として「水の都・大阪」を彷彿とさせるアートや「大阪浪速錫器」「大阪唐木指物」といった伝統工芸品をディスプレイ!

 

 日本料理「大阪浮橋」・なにわ食彩「しずく」が料理や店内空間を一新

フロントの隣に位置し、風流なエントランスからそれぞれに個性ある雅な空間を演出。

シーンによって使い分けが出来る贅沢な二刀流です。

 

日本料理「大阪 浮橋」 - Osaka UKIHASHI

源氏物語「夢浮橋」をモチーフにした、シックでありながら雅な煌びやかさを併せ持つ和モダンな内装。

着物を纏ったスタッフさんが来客をもてなし、ノーブルな色味の調度品、全個室とプライベート感を重視した、優雅で重厚感ある空間です。

 

どの個室もしっとりとした気品に満ちた非日常な空気感です。

 

雅な気分を演出する貝合わせ

テーブル上には、源氏物語の巻名を彩った貝合わせが飾られ、時空を超えた平安時代の雅な世界観を演出!

お料理だけでなく、視覚から、そして香りなど、五感をフル回転させ愉しめる日本料理を提供します。

テーブル個室は最大20名様まで、お座敷は最大30名様のキャパシティを有し商談や祝い事といった集まりにも最適です。

 

拘りは大阪産(おおさかもん)

お料理は、今回のリニューアルにより「大阪産食材」「出汁」をコンセプトにしたメニューに一新。

出汁は、味わいの上品さから最高級と称される三年熟成真昆布を使ったこだわりのだしを使用しています。

メニューは全て源氏物語から由来し、目の前で仕上げる七宝蒸しや大阪産の黒毛和牛「なにわ黒牛」、甘味があり柔らかな「泉州のタコ」など選りすぐりの食材を使った上質な会席を展開します。

あっさりとした上質な油、メルティな口溶けの「なにわ黒牛」はその特徴をより堪能できるよう水晶プレートで配膳です。

高音で焼いた石に界の茶葉を使用した出汁をかけ香りを楽しむ蒸し料理といった食材を活かした料理長の技も楽しめます。

 

大阪 浮橋 メニュー一例

夕顔(ゆうがお)

夕顔(ゆうがお)

【前菜】壬生菜とかに身味噌和え 合鴨林檎煮 金目鯛唐墨塗し

【造里】三種盛り あしらい一式

【煮物椀】土瓶蒸し 酢橘 三つ葉

【焼物】七宝蒸し 香母酢

【追い肴】なにわ黒牛水晶焼き

【温物】玉〆 琥珀餡掛け 露生姜

【食事】貝柱ごはん

【香の物】三種盛り

【留椀】合わせ味噌仕立て

【木の実】季節の木の実

 

空蝉(うつせみ)

空蝉(うつせみ)

【先附】甘海老昆布〆飛び子和え

【造里】三種盛り あしらい一式

【八寸】季節の口取り

【小吸物】ぶり灘仕立て

【焼物】かます一夜干し 酢橘 丸十田舎煮 酢取り

【煮物】牛肉すき煮 焼豆腐 季節麩 摘み菊菜 白髪葱

【酢の物】てっぱえ 粒梅

【食事】きのこ御飯

【香の物】二種盛り

【留椀】合わせ味噌仕立て

【木の実】季節の木の実

 

なにわ食彩「しずく」 - SHIZUKU

こちらは浮橋とはガラリと印象を変えたエントランス手前に位置する、なにわ食彩「しずく」。

上質感とカジュアル感わ兼ね備えた普段使いの和食店をテーマに昼食には御膳料理、夕食はお酒と一品料理を楽しめる二つの顔を持つカジュアル和食。

梅田の「梅」をテーマに花をモチーフにしたはんなりとした和みの空間です。

お席は全88席、個室は、最大48名様まで収容可能です。

そして、川の水運により発展した大阪にちなんで、えびす、しおみといった現存する橋の名前から名付けているそうです。

お昼は女性向けの、はんなりとした御膳料理で、大阪にちなんだ器で四季折々のお料理が展開されます。

三種盛り

あおさ鍋

夕食では「大阪浮橋」と同じく、大阪産の食材や三年熟成の真昆布の出汁をつかった天ぷらや煮物といったアラカルトメニューを展開。

そして、飲み物は国産をテーマに山陽や山陰など西日本の様々な焼酎やワイン、日本酒が揃いお料理とのマリアージュが楽しめます。

 

正に真昼の宴、目を見張る豪華絢爛な和食料理

タイやマグロのお造り、小田巻蒸し、茶そば、ちらし寿司、海鮮サラダ、数々のおばんざいがラインナップ!

和食レストラン新メニューの試食会では贅沢にも二店の目玉メニューを融合したスペシャルな内容がブッフェ形式で振る舞われ、シェフが一品一品丁寧に地仕上げられ、ライブ感覚で楽しめる豪華な内容でした。

大阪国産黒毛和牛「なにわ黒牛」やダイナミズムな演出を楽しむ七宝焼き、できたてのあおさのり鍋。

着物を纏ったスタッフさんが直々にテーブルにもってきてくださる拘りだ出汁のおでん。

ほろ苦い大根に染みる出汁の味わいは日本人で よかったとひしひしと感じる瞬間でもありました。

 

お造り、天ぷら、出汁巻たまご、串カツ、たこ焼きといったソウルフードも集結。

 

七宝焼きには松茸入り。

 

国産の赤ワインも振る舞われ、お料理との華麗なるマリアージュを楽しめます。

 

目の前で焼き上げらる大阪国産黒毛和牛「なにわ黒牛」

 

リニューアルに伴いホテル内のレストラン全店で2019年11月1日(金)から記念フェアが開催されます。

今回ご紹介した浮橋、しずく共にオープン記念特典付きのランチが発売します。

 

「しずく」では、梅田の「梅」をかたどった箱に6つのお料理を華やかに並べ、季節の小鍋がついた豪華梅御膳(うめごぜん)。

オープン記念として 食前に「梅ジュース」のプレゼント付きだそうです。

 

「浮橋」では、四季折々の素材と出汁をいかした懐石料理 「若菜」が発売。

こちらは、食後にミニコーヒーが付く嬉しい特典。

 

いずれも2019年12月20日(金)までの限定です。

 

 

来年2月には喫茶スペースが拡張しリニューアル。

4月にはエントランス、エレベーターホールのリニューアルし、5月には新レストランオープンします。

そして、2022年には21階から26階までの客室リニューアルと順次完成予定です。

 

国内外から支持される大阪キタの玄関口の動向から目が離せません!

 

ホテルグランヴィア大阪

大阪市北区梅田3丁目1番1

https:/www.granvia-osaka.jp/

ライター情報
【浪花の堕天使cafequeen】

インスタ

-グルメ, ホテル, 開店・閉店情報

Translate »

Copyright© 大阪キタじゃーなる , 2019 All Rights Reserved.