"ともこ"の美容部屋

まつげ美容液が危険ってホント?国民生活センターによる報告をまとめてみた!

更新日:

マツエク経験がなく自まつ毛だけで生きてきた美容系ライター“ともこ”です。

風鈴を吊るしてあるお家の前を通りがかると
涼やかな音色に癒される今日この頃。

実家に祖母お手製の風鈴がありましたが
超強風じゃないと鳴らないという面白風鈴でした笑

 

今日は“まつげ美容液の危険性”について
お話ししようと思います_φ(・_・

まつげ美容液によるトラブルが報告されており
国民生活センターが注意を呼びかけています。

まつげ美容液の危険性についてまとめてみました。

まつげ美容液はどうして問題になったの?

今回問題視されている点は大きく3つ。

  1. 健康被害が報告されている。
  2. 頭髪用として医薬部外品の承認を得ていたのに「まつげ美容液」として販売。
  3. 行き過ぎた表現である“育毛効果”をうたって販売していた。

 

ともこ
それでは1つずつ見ていきましょう

 

①健康被害が報告されている

まつげ美容液による健康被害の相談が
昨年から急増しています。

まつ毛にはり、こし、つやを与える等の効能をうたう美容液(以下、「まつ毛美容液」とします。)を使用して目の周りが腫れたなどの危害(注2)を受けたという相談が、2015年度以降381件(注3)寄せられています(図)。特に2018年度に急増しており、中には、眼科医で角膜潰瘍の診断を受けたという事例もありました。

引用元 国民生活センターHP まつ毛美容液による危害が急増!-効能等表示の調査もあわせて実施-

まつげ美容液が原因と思われる角膜腫瘍を発症した50代の女性は
手術をしたといいます。

②頭髪用として医薬部外品の承認を得ていたのに「まつげ美容液」として販売

頭髪への使用を想定して医薬部外品として承認された育毛剤(養毛剤)(注4)(以下、「育毛剤」とします。)が、まつ毛美容液として販売されているものもありました。

引用元 国民生活センターHP まつ毛美容液による危害が急増!-効能等表示の調査もあわせて実施-

国民生活センターが行った調査(2019年5月10日~7月23日実施)によると
20製品中5製品が頭髪用としてのみ医薬部外品の承認をうけており、
まつげ用としては認められていませんでした。

つまり、まつげ用としては医薬部外品と承認されていないのに
まるで承認されたかのように見せかけていた、とも考えられます。

 

行き過ぎた表現である“育毛効果”をうたって販売していた

まつげ美容液の商品説明で
「育毛効果」を謳っている製品を目にしたことはありませんか?

実はこれもNG!

化粧品の効能として表示される範囲を超えると考えられる「育毛」「発毛を促す」など、育毛の効能効果を期待させるような表示がなされたまつ毛美容液が販売されていました。

引用元 国民生活センターHP まつ毛美容液による危害が急増!-効能等表示の調査もあわせて実施-

まつげ美容液は張りやコシがアップするなどの効能をうたうことはできても
「育毛効果」をうたうことはできないのです。

化粧品では、医薬品等適正広告基準(注5)により毛髪にはり、こし、つやを与える等の効能をうたうことができますが、まつ毛の育毛の効能効果をうたうことは認められていないと考えられます。また、現時点(2019年7月末時点)では医薬部外品として承認されたまつ毛美容液はありません。

引用元 国民生活センターHP まつ毛美容液による危害が急増!-効能等表示の調査もあわせて実施-

しかしながら9製品のまつげ美容液が「育毛効果」をうたい販売されていました。

さらに驚きなのが
現時点(2019年7月末時点)で医薬部外品として承認されたまつ毛美容液が存在しないこと。

ともこ
知らなかった……。

 

また個人的に衝撃を受けたのは
トラブルが起きた際の対応の悪さが伺える事例です。

  • 目のかゆみやまつ毛が抜ける等の症状が現れたが、解約の電話がつながらない。
  • 目の周りが腫れて皮膚科を受診し解約を申し出たが、通常価格との差額を請求された。

商品の安全性はもちろんのこと
私たち消費者への誠実な対応も含めて見直しを図ってもらいたいですね。

 

まつげ美容液の使用を考えている人へのアドバイス

最後に国民生活センターからの消費者へのアドバイスをまとめます。

健康被害情報や期待した効能効果があらわれなかったという相談もあります。購入・契約については慎重に。

肌の異常や目に痛みや違和感があらわれたときには、ただちに使用を中止して下さい。症状が酷い場合はすみやかに皮膚科医や眼科医を受診しましょう。

医薬部外品の育毛剤は頭髪用のものです。まつ毛への効能効果が承認されたものではないので、まつ毛には使用しないようにしましょう。

 

ポイントをおさらい!

  • まつげ美容液による健康被害が報告されている。
    (手術が迫られたケースもある)
  • 「医薬部外品」のまつげ美容液は現時点で存在しない。
  • まつげ美容液による「育毛効果」が誇張表現。
  • 購入と使用は慎重に検討したい。

新しい化粧品を試すときは情報を鵜呑みにせず
よく調べてから使用して、自分自身を守る意識を大切にしましょう!

 

 

ライター情報・部屋の住人
【美容オタクのともこ。】

インスタ

-"ともこ"の美容部屋

Translate »

Copyright© 大阪キタじゃーなる , 2019 All Rights Reserved.