百貨店

“チキンラーメン”をもっと美味しく!「究極のラーメン鉢」が阪急うめだ本店に集結!【1/2~1/15】

投稿日:

阪急うめだ本店7階 コトコトステージ71/2019年1月2日(水)~15日(火)

お正月の団欒で“チキンラーメン”をもっと美味しく! 「究極のラーメン鉢」でラーメンを極める Love chickenramen World

お正月、家族団欒の時間を、今注目の日清「チキンラーメン」をテーマに楽しめるイベントをご紹介します。
有田焼の窯元有志14名が集まり開発された「究極のラーメン鉢」。
これまで存在感があまりなかったラーメン鉢を冬休みの特別企画として特集。
“形”や“持ちやすさ”などの検証から多くの試行錯誤を重ね、出来上がったひとつのフォルムを、各窯元が個性的なデザインに仕上げたものを100種類以上揃えます。
また今回は、2018年のチキンラーメン生誕60周年を記念し、阪急限定企画で産みの親・安藤百福の“福”柄の「百福」シリーズ金彩バージョンが登場!

「究極のラーメン鉢」の秘密!なぜ究極なのか7つの秘密があります!
1.【冷めにくく収納性が高い】口径180mmとやや小さめ。広口の鉢に比べて冷めにくく上に重なりが良い。
2.【丈夫さと口当たりの良さ】口部が薄くて腰はやや厚め、口当たりの良さと丈夫さ。
3.【女性でも片手で持てる】全高80mmなので、女性やお子さまでも楽に持てる。
4.【熱が伝わりにくい】高台の高さが13mmなので熱が伝わりにくい。
5.【麺がゆったり】底面径が110mmで、麺が収まりスープがからみやすい。
6.【安定性がある】高台径85mmで、安定性が高い。
7.【軽い】重さが450g~540gと従来品に比べ約1割の軽量化。

若い世代の職人たちの新シリーズやインバウンド対応、今回ならではの鉢も!
〇20~30代の若手職人が自由な発想でデザインに挑戦!

「ブラックローズ」5,616円~

「銀彩市松」8,856円

「ハートライン(青)」4,536円

〇豪華さの頂点、 漆の蒔絵技法を磁器にて表現

「蒔絵おしどり」16,200円

〇安藤百福敬意を表し、今イベント限定で金彩バージョンも!


「百福」染付 32,400円 ※金彩は、受注生産約3ヶ月108,000円(レンゲ付き)

チキンラーメン60周年記念の特別イベントも開催!
〇「チキンラーメンひよこちゃん来店&記念撮影」
1月6日(日)、13日(日)午前11時~、午後1時~、3時~、各回約20分
〇「究極のラーメン鉢開発秘話」有田焼「しん窯」橋口博之と有田焼商社「まるぶん」専務取締役 篠原賢次によるトークショー
1月12日(土)午後1時~、約30分
〇有田焼「しん窯」による、ラーメン鉢「百福」絵付け実演
1月12日(土)、13日(日)各日午前11時~午後4時 随時

その他、会期中、「究極のラーメン鉢」をお買上げの方に、もれなくチキンラーメンをプレゼント!

地図を表示・非表示

-百貨店

Copyright© 大阪キタじゃーなる , 2019 All Rights Reserved.